【楽しい子育て】時代を読んだ子育てを!

NHKのドラマや映画や舞台などは、

時代を反映しているテーマが上演されていると感じています。

映画「アナと雪の女王」

NHK連続小説「花子とアン」

東宝ミュージカル「レディ・ベス」

に共通しているテーマは、何だと思いますか?

「女性の自立」ですよね。

今日は、映画「マレフィセント」を観に行きました。

マレフィセント

マレフィセントも、

能力を持っている女性が、

愛する人に能力を封印されてしまうという物語でした。

男性が能力を発揮するとき、

それを阻もうとするのは、

人間関係の遠い人なのに対し、

女性が能力を発揮しようとするとき、

それを阻もうとするのは、

親・きょうだい・恋人・配偶者などの身近な人だなあ・・・・と、

映画を観終わった後、つくづく思いました。

それでも目標に向かって行動すると、
応援してくれる人が現れます。

「少しでも偏差値の高い学校へ行き、

大きな会社に入れば一生安泰」や

「ミスをしないでいることが大事」や

「みなと同じでいれば安心」という価値観の時代から、

価値観が多様化して、

「自分らしく幸せでいることが大切」という時代になりました。

「すべき」

「しないといけない」

で行動している人たちは、とても苦しい思いをしています。

「やりたい」

「やる」

で行動している人たちは、充実した毎日を過ごしています。

それは、

「子育てをしている」や

「会社に勤めている」や

「どのような学校に行っている」などは、

全く関係がありません。

子育てをしていても、

専業主婦であっても、

会社に勤めていても、

自営業であっても、

「すべき」

「しないといけない」

「やりたい」

「やる」

のどれで行動しているかによって、

得られる気持ちが全く違っているのです。

過去の気持ちの積み重ねが今の状態です。

そして、今の気持ちが未来の状態を作ります。

子育て中の親は、

子どもが「やりたい」「やる」と思うことをサポートすると、

子どもは、どんどん伸びていくように感じています。

そして、親自身も、

「やりたい」と思うことをどんどんやってみると、

子どもを寛容に見守れると思います。

私は今まで、子育て中の親御さんへのアドバイスを、

インターネットやテキストなどを通じて行ってきました。

ただ、セミナーなどで直接会うと、

直接会うことや、

同じ価値観を持った人たちが話をする「場」が大切と実感しています。

ただ、私も子育て中ですので、

頻繁に全国へ出かけてセミナーを開催することは簡単ではありません。

だから、私と一緒に、

お父さん・お母さんの楽しい子育てのサポートをするための「場」を

開いてくださる方を探しています。

それが、「子育て絵本アドバイザー」です。

来月、1年ぶりに

「子育て絵本アドバイザー養成講座」を開催することにしました。

案内書を用意しましたので、

よろしければ、下記よりお申し込みくださいませ。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=kosodate&formid=197


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。