【楽しい子育て】自分がしたことの結果って・・・

人間関係がうまくいかない時、

相手を加害者、自分を被害者と考えてしまう人がいます。

本当にそうなのでしょうか?

何かがすれ違っていたり、

相手に求めすぎていたり、

そういうことが原因であって、

どちらが悪いということではないのかもしれません。

そして、

「自分がしたことの結果は、どこかであらわれる」のかもしれません・・。

8月15日~16日まで、1泊2日で、

中3の長女と小4の次女は、

子どもだけで主人の実家へ泊りに行きました。

高速バスで2時間30分ほどの旅です。

私は、ある出来事がきっかけで、

主人の実家へ行くと約3週間寝込んでしまいますので、

9年前から主人の実家へは行っていません。

主人の実家へ行くのには、もう少し時間が必要だと感じています。

お盆や年末などの長期休暇の際に、

主人に、「子どもたちと一緒に帰ったら?」と言っているのですが、

主人は「行かない・・・」と言います。

1早期胎盤剥離が原因で1か月の早産で長女を出産した私は、

それから5年後、次女を出産しました。

次女を出産する前に、体調を崩し私は、

家事も育児もできなくなってしまいました。

そこで、当時5歳だった長女を主人の実家で預かってもらいました。

食事や習慣などは、私の家庭と主人の実家では違いますが、

主人の両親は愛情を持って長女を預かってくれました。

次女を出産し、退院するまでの1か月間、

主人の両親は長女を預かってくれました。

その次の年の夏休み、

私は、お酒に酔った主人の父から、子どもたちと主人の前で、

大声で怒鳴られ、

その場で帰宅しましたが、

それから約3週間寝込んでしまい、

主人の両親と話をできませんし、

主人の実家へ行くこともしていません。

私は、8歳の時に父を亡くしていますし、

父は優しくて大声を上げる人ではありませんでしたので、

人から怒鳴られたのは生まれて初めてのことで、

とても怖かったのです。

それ以来、主人の実家へ帰省することはありません。

親戚に不幸があった際には、

主人の実家が近いのにもかかわらず、

ホテルに泊まったこともあります。

主人の両親に対して、私は何の感情も今は持っていません。

長女が小学5年生になったときに、

「おじいちゃんとおばあちゃんの家に行きたい」と言いました。

高速バスはノンストップで行けます。

それで、高速バスに乗って行きました。

次女も小学2年生になった年に、長女と一緒に行くようになりました。

長女にとっては、5歳の頃に1か月預かってもらったことで、

十分な愛情を感じているのだと思います。

主人の両親は、長女を1か月間預かったことで、

毎年、孫が遊びに来るようになりました。

自分がしたことの結果は、

自分へ戻ってくるんだなあ・・と実感しています。

8月16日は、長女と次女の誕生日です。

娘たちは、主人の両親から誕生日のプレゼントを買ってもらい、

帰宅後は、自宅で誕生日のお祝いをしました。

楽しい子育て

福岡で30年以上幼児教室をしている先生によりますと、

「おじいちゃん・おばあちゃんと、普段から接している子は、

コミュニケーションに置いて、独特のまろやかさを持っている」そうです。

主人の両親に心から感謝しています。

来月、1年ぶりに

「子育て絵本アドバイザー養成講座」を開催することにしました。

案内書を用意しましたので、

よろしければ、下記よりお申し込みくださいませ。

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=kosodate&formid=197

音譜子育ての無料レポートは、下記からご覧いただけます音譜

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


—–


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。