「英語力のある子」に育てたいあなたへ

インターネットの普及やグローバル化などによって、
「もっと英語が分かったらいいのにな・・・」と思う人は多いようです。


あなたはいかがでしょうか。


確かに、英語が分かると、情報を早く手に入れたりより多くの人とコミュニケーションをすることができるようになりますよね。


そのため、「子どもに英語力をつけさせたい!」と思っている親御さんも多いようです。


また、公立の小学校では、2008 年に外国語活動として小学5、6年生を対象に英語教育がスタートし、2011 年には必修化となりました。


さらに、2013年末、文部科学省から、新しい方針が打ち出されました。


東京オリンピック開催の2020 年度実施をめどに、英語の授業を小学3年生に前倒し、5年生からは国語や算数と同じ教科とするというものです。


これは、まだ正式な決定事項ではありませんが、全体的な方向はこのまま進む可能性が高いようです。

つまり、20011年~現在までの公立小学校の英語教育は、次の通りです。


・対象は小学校5・6年生


・週1回45分間


・目的は英語に親しむこと


・成績の評価はしない


・小学校の担任が主体となって指導

2020年をめどに想定されている内容は、次の通りです。


・小学校3・4年生に外国語教育を前倒し


・小学校5・6年生は週3回「検定教科書を使う」「教科としての授業」「成績として評価」「英語の読み書き」がある


・英語専門の教員が主体となって指導



これによって、英会話スクールや英語教材会社の人が、「小学校で【困らないように】英語を始めませんか?」と言い、保護者も不安になって英語を習わせたり高価な教材を購入したりする可能性が考えられます。


ただ、週に1回1時間ほど英会話スクールに通ったり英語教材を購入すれば、誰でもすぐに英語を習得できるわけではありません。


また、「不安を解消するため」のように、【ネガティブな考え】で始めると、途中でやめたり身に付かなくなったり、最悪英語を嫌いになる可能性があります。


スクールに通ったけど身に付かなかった。


教材を買ったけど役に立たなかった。


このような経験をしたことはありませんか。


では、どうしたら良いのでしょうか?



英語力のある子


英語をマスターするポイントは3つです。


1.母国語をしっかりとマスターすること。
  第二外国語は母国語以上に伸びません。だから、英語をマスターさせたいのでしたら母国語である日本語をマスターすることが必要です。


2.「英語を好きになり学びたい!」という気持ちを持つ環境つくりをすることが重要です。


3.脳が柔らかくて吸収する力のある時期であり家庭で過ごす時間が長い、胎児から小学校入学前までに英語の土台を作ることが大切です。

この3つを行っておくと、小学校や中学校で英語を習い始めた時に、自分で学び英語力は伸びていきます。

先日、中学3年生の私の長女は英検の準2級に合格しました。


合格率は35%だそうです。


英検のHPによりますと、

準2級は、
推奨目安「高校中級程度」。


「出題目安」は、
教育や科学などを題材とした、長文の穴埋め問題が加わります。センター試験の問題形式と共通点が多く、入試対策にも最適。 高校卒業段階の英語力の達成目標:準2級~2級(文部科学省)

だそうです。


【各級の目安ー英検ー】
http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/about/


高校受験のために、今年度から勉強を始め、たった1年間で3級と準2級に合格しました。


英会話を習ったことはありません。


英検対策は1500円程度の問題集1冊だけです。


二次対策は、通っている公立中学校の英語の先生に1度練習をお願いしただけです。

英語をマスターする3つのポイントの中で、

1.母国語をしっかりとマスターすること。については、絵本を読むことが効果があったと思います。

→胎教から6歳くらいまでに効果のある絵本の読み方選び方については、育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」の33ページから78ページに詳しく紹介しています。


育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s.html


2&3「英語を好きになり学びたい!」という気持ちを持つ環境を胎教から小学校入学前までに作ることについては、「育児・子育てに314倍成功する方法」(IQ編)の18章~26章で紹介していることを、小学校低学年くらいまで心がけたことが基礎力になっているのだと思います。


「育児・子育てに314倍成功する方法」(IQ編)
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/314iq.html

お子さんの英語力を伸ばしたい方は、できる限りのことを行ってあげてくださいね。


そうすると、学校で英語を学びはじめた時に英語力はアップすると思います♪



<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。