人の気持ちがわかる子に育てるよりも大切な事


「人の気持ちがわかる子に育てるにはどうしたら良いですか?」
と聞かれることがあります。


「人の気持ちがわかる子に育てるにはどうしたら良いですか?」と質問をするお母さんには共通点があります。


それは、どのような事だと思いますか?




「人の気持ちがわかる子に育てるにはどうしたら良いですか?」と質問をするお母さんの共通点は、お母さん自身がコミュニケーションにコンプレックスを持っていることです。


そして、「人の気持ちがわかれば、上手にコミュニケーションをとれるようになれる」と無意識に思っていることが多いのです。


はたして、「人の気持ちがわかれば、上手にコミュニケーションをとれるようになれる」のでしょうか?


私は、人の気持ちがわかる子に育てるよりも大切な事があると思います。

☆☆


今日の夕方、玄関でチャイムが鳴りました。


郵便局の配達の人が持ってきてくれたのは・・・・


三重県津市の大きな梨!


人の気持ちが割る子に育てるよりも大切なこと


お医者さんでもあり3人のお子さんのお母様である、
楽しい子育て実践会の会員の方からのプレゼントです♪


三重県津市は美味しい梨の産地だそうです。

この時期に毎年贈ってくださいます。


☆☆

「プレゼント」というのは「気持ちを託して表現すること」だと私は思います。


気持ちを表現する方法は、「プレゼント」のほかにもあります。


例えば、言葉、メール、手紙、スキンシップ、他にもあるかもしれません。


私は、言葉やメールやお手紙も大切なプレゼントとして受け取っています♪


そして、私自身も、物や言葉やメールやお手紙などで気持ちを託して表現するように心がけています。


私は、心理学や個人分析などで、人の考え方や行動の傾向などを学んでいますが、人の考え方や行動の傾向はいくつかのパターンがあり、
大きく分けると3つのパターンがあります。


そのため、自分と同じパターンを持っている人は3分の1ですので、
3分の2の人は違う考え方を持っています。


だから、他人の気持ちは自分が予想しているのとは違う確率が、約67%ということになります。


そのため、人の気持ちをわかるように努力するよりも、
感謝や嬉しさなどを確実に表現したり、
相手の好みを調べたり話を聞いたりして、
自分も相手も気分が良くなるように心がけることが、スムーズなコミュニケーションには必要だと思います。


「自分の気持ちをわかって欲しい」と、すねたり怒ったりしている人は、幸せから遠ざかることが多いようです。


プラスの気持ちを表現したり人を喜ばせたりしている人は、幸せ感が高いようです。


子どもにスムーズなコミュニケーションのスキルを身に付けさせたいのであれば、子どもが小さいうちから、親自身が、感謝や嬉しさなどを確実に表現したり、相手の好みを調べたり話を聞いたりして、
自分も相手も気分が良くなるように心がけ、実践することが大切なのではないでしょうか。



梨を送ってくださった方には、
梨のお写真と一緒にお礼のメールをお送りしました。

——————————–

・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s.html


・ご感想&実践結果
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。