ATL(成人T白血病)検査で、陽性反応が出たことを思い出しました

こんにちは、山口りかです。

先日、水泳の池江璃花子選手が白血病と診断されましたね・・・。

私は、福岡県庁のロビーで開催されている、
小児がんで旅立った24人の笑顔を並べた写真展
「空にかかるはしご」を見た後に帰宅をして、
そのことを知りました。

※ご参考
「私達の日常」は「誰かの夢の世界」

「私達の日常」は「誰かの夢の世界」

池江璃花子選手は、
私の娘たちと年齢が近いので、
お母様のお気持ちを考え、
出来るなら代わってあげたい、
つらい気持ちを感じていらっしゃるのではないかと思いました。

医学の進歩によって、
白血病は決して不治の病ではなくなりました。

復帰を果たすアスリートも現れるようになりました。

池江璃花子選手も、
ゆっくりと治療をなさって、
復帰をできることを願っています。

 

白血病と聞いて、思い出したことがあります。

私は、
早期胎盤剥離が原因で、
1ヵ月の早産で長女を出産しました。

長女は5分間呼吸をしない仮死産でした。

長女は、命に危険がありましたし、
「助かったとしても脳に異常が残るかもしれない」と、
医師に言われました。

実際に、1か月検診では、
脳に中程度の異常がありました。

だから、子どもが病気やけがなどをしてしまった親御さんのことを、
他人事とは思えません。

しかも、私の出産からしばらくして、
幼馴染のお子さんが、小学1年生で小児がんのために亡くなりました。

私の長女は、幼馴染のお子さんが小さい時に使っていた、
おんぶ紐とねんねこを譲っていただき、成長しました。

幼馴染のお子さんからも守ってもらっているのだと思います。

私は、長女を妊娠中に行ったATL(成人T白血病)検査で、陽性反応が出ました。

ATL検査で陽性が出た人は、1万人に1人の割合で白血病を発病する可能性があるそうです。

私が調べた範囲では、
感染経路は、
・母子の母乳感染

・輸血

・性行為
性行為は、女性から男性へは感染しないそうですが、男性から女性には感染するそうです。

私は、2歳4か月まで母乳を飲んで育ったそうです。

そこで、母に伝えたところ、母も血液検査をして、陽性反応が出ました。

私は、母乳による母子感染だったのだと思います。

産婦人科の先生と相談をして、
私は、娘達への感染を避けるために、
母乳は一切飲ませないことに決めました。

出産後すぐに、
母乳を止めるお薬を飲みました。

娘たちが成長して血液検査をしたところ、
娘たちはATL検査は陰性だったので、
本当にホッとしました。

病気の原因は本当に様々だと思います。

ただ、
「大丈夫だろう」と無意識に考えるのではなく、
マイナスやリスクを避けることは、
大切と実感しています。

健康について、
マイナスやリスクを避ける方法も、
「育児・子育てに314倍成功する方法」(健康編)で紹介しています。

早期胎盤剥離で出産、
生まれた子は、
脳に中程度の異常、
その後、
小児気管支ぜんそくで2度入院、
アトピー性皮膚炎と診断
された長女のために、
実践した健康法を紹介しています。

今回、久しぶりに読み返してみましたら、
最初はかなり意識をして行っていたことが、
私の家庭の習慣となっていました。

長女は健康になり、
高校3年間皆勤賞でした。

次女は帝王切開で生まれましたが、
健康で、
中学2年生ですが、身長は162センチあります。

「育児・子育てに314倍成功する方法」(健康編)

お持ちの方は、
読み返してみられてはいかがでしょうか。

もし、気になる方は、下記をご覧ください。
「育児・子育てに314倍成功する方法」(健康編)

「育児・子育てに314倍成功する方法」(健康編)

----------

・無料レポート

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』

~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

 

絵本を紹介する無料メールマガジンを発行しています

■育児に成功する「楽しい子育て絵本講座」

 


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。