【子育て絵本アドバイザー】「【わが子を「平等に接する」と「不公平になる」?】

子どもが2人以上いる場合、「平等に接しなければいけない!」と考えている親は多いようです。

そして、「平等に接しなければいけない!」と考えているのに、「平等に接することができない」ので、自己嫌悪やイライラなどの「マイナスの気持ちを感じる」ことが少なくないようです。

あなたは、いかがでしょうか?

「子どもを平等に接する」と「不公平」になってしまうんです。

それは、「平等」と「公平」を同じに考えているからです。

「平等」というのは、「条件にかかわらず等しいこと」。

「公平」というのは、「条件に応じて等しいこと」です。

きょうだいの場合、年齢や性別や発達や興味関心などによって、「条件は違う」はずですよね。

それを「条件に関わらず、等しくする」【平等に接する】ことを目的にすると、結果として【不公平になる】のです。

例えば、10歳と1歳のきょうだいがいるとします。

ビスケットが10枚あるとします。

5枚ずつ分けるのは「平等」。

年齢に応じて、上の子が7枚で下の子が3枚のように分けるのは、「公平」です。

10歳と1歳のきょうだいに、5枚ずつ平等にビスケットを分けると、上の子は足りず、下の子は余るかもしれません。

その時に、上の子が「まだ欲しい・・・」と余っているビスケットを食べようとすると、「平等に分けたのだから我慢しなさい!」と親が叱る・・・。

確かに「平等」かもしれませんが、「公平」ではありませんよね。

だから、わが子を「平等に接する」と「不公平になる」のです。

そして、「気持ち」。

「第1子」である「長子」は、親にとって初めてなので、慎重に育てたり、期待をするので厳しく育ててしまうことが多いようです。

第2子以降になると、下になればなるほど、親は経験を重ねていますので、大らかに接することが多いようです。

そして、下の子に比べると、上の子はいくつであっても「大きく感じる」ので、上の子に「我慢」や「無理」をさせてしまうことが多いようです。

子どもが2人以上いる場合、「上の子を優先して接する」と、「上の子は下の子に優しく面倒を見てあげることができる」ようになります。

「そんなことをすると、【甘やかしてしまう】のではないかしら?」と心配する人がいるかもしれません。

2人以上子どもがいると、無意識でいても、下の子に手をかけてしまうので、「【上の子を優先して接する】くらいがちょうどイイ」=「公平」になります。

ご安心くださいね!

2人以上お子さんがいる場合は、「条件に応じて等しい」【公平】を心がけてみませんか?

そうすると、きょうだいの仲が良くなり、「親であるあなたは、心穏やかに過ごせる時間」が増えます♪



子育て絵本アドバイザー

【子育てを楽しくしたい方は下記をご覧くださいませ】
「子育ての無料レポート」
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

【楽しい子育ての実践結果やご感想は、下記からご覧いただけます 】
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。