【子育て絵本アドバイザー】【「まさか、うちの子が!」ということが起きた時・・・】

「お友達にけがをさせた」、「お友達が傷つくことを言った」「人のものを盗ってしまった」「人の物を壊した」など、時として、子どもは「まさか!」と思うことをしてしまう時があります。

そんな時、落ち込んでしまう親がいるかもしれません。

「落ち込んで」物事が解決するのでしたら、いくらでも落ち込めばいいかもしれませんが、物事は解決しません。

そればかりか、もっとひどい状態になる可能性もあるかもしれません。

だから、「親子で学ぶチャンス」と考えると、「振り返り」と「改善」ができます。

そうすることで、同じような場面になった時、より良い言動をすることができるのではないでしょうか。

親がしてはいけないことは、「そんなことをしたらダメ」「今度から○○しなさいね」と親ばかりが話すこと。

おススメなのは、子どもの話をじっくりと聞くこと。

そして、重要なのは、「今度からどうしたら良いと思う?」と質問をすること。

その質問に、「子ども自身に答えさせること」たとえ時間がかかったとしても・・・。

人は「自分が言ったことは守ろうとするから」です。

「まさか!」ということは起きて当たり前!

だから、「まさか!」と思うことが起きた時には、深呼吸を何度かして、呼吸を整え、落ち着いて対応しましょう。

そうすると、「親子で学ぶこと」ができます。

どんな出来事であっても、「物事には必ずプラスの側面があります」

「ピンチはチャンス!」子どもがいるからこそできた体験に感謝すると、どんな出来事も学びにつながり、人としての器が大きくなります。

私自身2人の子どもを育て、このことを実感しています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

先週末、東京へ行ったとき、ホテルのロビーに、
私の大好きな百合の花が大量に飾ってありました☆


百合の香りに包まれて、
幸せを感じました♪


子育て絵本アドバイザー


【子育てを楽しくしたい方は下記をご覧くださいませ】
「子育ての無料レポート」
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

【楽しい子育ての実践結果やご感想は、下記からご覧いただけます 】
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。