子どものお年玉の貯め方・使い方

「お年玉ってどうやって貯めたらいいですか?」
という質問をいただくことが少なくありません。

子どものお年玉 貯め方 使い方

お正月に会う親戚の人数や家庭の価値観にもよりますが、
もらうお金の総額が一番多いのは、
「お年玉」という子どもは多いのではないでしょうか。

私の娘たちもそうでした。

「お年玉ってどうやって貯めたらいい?」
という質問を初めてされた時、
私はその質問をしたことがなかったので、
ビックリしました。

そして、
「貯める目的は何ですか?」と尋ねました。

「お年玉ってどうやって貯めたらいいですか?」
と尋ねる人は、貯める目的を質問すると、
ある答えをすることが多いのです。

それは、どのような答えだと思いますか?

「何かあった時のため」です。

「何かあった時のため」と答えている人の、
「何か」というのは、
無意識に「困ること」をイメージしていることが多いようです。

例えば、病気・事故など・・・。

そうすると、不思議なことに、
一定の金額がたまると、
「困ること」を引き寄せてしまう人が驚くほど多いのです。
それも親子そろって・・・。

だから、一つお勧めなのは、
貯金をするなら、
貯金箱や通帳に楽しい目的を書くことです。

例えば、
「海外旅行へ行く貯金」
「希望の学校へ行く貯金」
「歯科矯正の貯金」
など・・・。

具体的な目標がなければ、
「夢をかなえる貯金」
でも良いかもしれません。

そうすると、それを目にするたびに、
楽しい目的をイメージできます。

ただ、子どもの年齢によっては、
子どもにとって大きな金額を使う体験をするチャンスだと、
私は考えています。

そのため、私は、
子どもが小学生になったら、
もらった金額の半分は貯金、
半分は子どもに渡しています。

渡したお金の使い方は自由です。

私の長女は、
小学3年生の時に、
100円ショップで20本のマニキュアを購入しました。

手足の指に1色ずつ塗って楽しんだようです。

ただ、長女は、バレエやピアノを習っていますので、
春・夏・冬などの長期休みや週末もレッスンがあるため、
マニキュアを塗る機会はほとんどありませんでした。

数か月で、、
全てのマニキュアは乾いてしまい、使えなくなってしまいました。

この体験から、長女は、安い物を大量に購入するのを一切やめ、
必要な物や気に入ったものを吟味して購入するようになりました。

中学生になると、
「2割貯金で残りは使って良いけど、どうする?」
と尋ねたところ、
「たくさんお金を持っていると怖いので、
半分は貯金をしてきて!」と話し、
いただいたお年玉の半分を私に渡してくれました。

今、小学4年生の次女も、
半分を私に渡してくれました。

残りの金額については、
欲しい物と代金を紙に書き、
計算機で何度も計算をして予算を立てていました。

この経験も娘にとっては貴重なものだと思います。

大人から見ると、無駄なものを買っているなと思うこともあります。

普段、数百円使っている小学生にとって、
1ケタ多い金額を使うというのは、

私達にとって数百万円を使うのと同じような体験だと思います。

数千円で失敗体験をできるのなら、
安い物だと思います。

私は、「お金に関する相談」を受けることも多いのですが、
「使うことにネガティブな感情を持っている人」が多いと感じています。

お金は目的を達成する手段の一つなだけです。

そして、お金はエネルギーです。

どんな気持ちで使うかが、とても大切です。

だから、楽しい気持ちで使うことを、
私自身心がけていますし、
子ども達にも伝えています。

毎年もらうお年玉について、
親がどのように導くかによって、
お金を扱う時の感情が決まると実感しています。

貯めるのも使うのも自由ですが、
「望んでいる気持を得ること」が重要なのではないでしょうか。

お年玉の扱い方について、
あなたはどのような気持ちを感じたいでしょうか?

お子さんへどのような気持ちを感じて欲しいと思いますか?

この質問に答えると、
扱い方が決まるかもしれませんね。

ドキドキ無料レポートドキドキ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。