「忘れ物を減らす工夫」

小中学生で忘れ物が多いと、
通知表の評価が下がったり、
授業に支障の出る場合
があります。

特に、学生では、
先生からの印象や内申点が悪くなる
可能性も高くなります。

忘れ物をさせないように心がけている親の多くは、
色々な工夫をしているのかもしれません。

ただ、多くの工夫には短所もあるようです。

例えば、
「一緒に時間割をする」と
・一人で時間割をすると忘れ物をしてしまう。
・いつまでも手のかかる子になってしまう。
・親の時間とエネルギーが必要になる。

「『忘れ物は無い?』と声をかける」と
・学校で提出するのを忘れてしまう。
・それでも忘れ物をしてしまう。

など・・・。

努力をしている親ほど、
子どもが忘れ物をしてしまうと、
がっかりしたりイライラしたりなど、
気持ちがマイナスになってしまう
ことが多いようです。

では、
どうしたら「忘れ物を減らすことができる」
と思いますか?

「忘れ物」の言葉を避けることです。

「忘れ物」と5回言ってみてください。

忘れ物をしない工夫

5回言いましたか?

今、何を想像しましたか?

「忘れ物」ですよね。

「忘れ物」と言えば言うほど、親子で忘れ物をイメージしてしまいます。

だから、違う言葉で表現をしましょう。

例えば、
・【時間割に書いてある物】
・【学校で必要な物】
・【提出物】
など。

そうすると、
・「【時間割に書いてある物】は、ランドセルに入れた?」
・「【学校で必要な物】は、カバンに入っている?」
・「【提出物】は学校についたらすぐに出してね!」
のように子どもに伝えることができます。

【持って行く物】イメージすることが大切ですよね。

実は、私は、出張の際に、
泊まったホテルに忘れ物をすることが多かったのです。

部屋を出る時に、
「忘れ物はない?」と確認しているのにも関わらず。

それを、
「私の物はすべてカバンに入れた?」と言いながらチェックすることで、
全ての荷物を持って帰る
ようになりました。

【持って行く物】イメージする言葉かけ、
よろしければ、お試しくださいね!

ドキドキ無料レポートドキドキ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。