30年ぶりのドッジボール!

次女が通う小学校は、放課後、見守りの先生がいて下さって、

校庭で遊べる「わいわい広場」という無料のシステムがあります。

育児・子育ての成功をサポートする山口理加のブログ-わいわい広場

「わいわい広場」に登録している子どもの親が交替でサポートする

「見守りサポーター」のお当番でしたので、

昨日は学校に行きました。

その際に、次女のお友達から誘われて、ドッジボールをしました。

30年ぶりです!

しかも1時間半!

小さい頃にやっていたことは、体が覚えているんだな~!と実感しました☆

少し心配だったのは、男女に関わらず、体全体を使ってボールを投げられる子とそうでない子、

ボールをキャッチできる子とそうでない子が、二極化していることです。

これは、体全体を使う遊びをしているかそうでないかだけの違いなのですが、

運動能力に大きな影響があるように感じました。

私の住んでいる地域は、比較的郊外なのですが、

ボール遊びをできる広場や公園は限られていますし、

それをするお友達も少ないようです。

昔は、お友達と自然にボール遊びができたのでしょうが、

それも難しいようです。

私は、ボールを購入して、家族で週末にボール遊びをしようと思いました☆

音譜音譜子育ての無料レポートは、下記からご覧いただけます

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


—–


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。