「仕事と子育ての両立」

「仕事と子育ての両立」

女性の場合、人生のイベントの時に、仕事をどうするか考える人は多いと思います。

例えば、結婚の時、出産のとき、子どもが小学校に入る時、
夫が転勤になる時など・・・。

仕事をしながら子育てをしている女性は、
「仕事と子育ての両立」で悩んでいるひとも多いかもしれません。

私自身、長女が8か月の時に職場へ復帰し、
長女が2歳半までフルタイムで仕事をしていました。

それ以降はフリーで仕事をしました。

長女が6歳、次女が生まれたばかりの頃、
子育ての情報発信とアドバイスを始めました。

その1年後、会社にしました。

「子どもと過ごす時間」や「子どもと過ごす質」を大切にしている人は多いかもしれませんが、この2つよりももっと大切なことがあります。

それはなんだと思いますか?


「それは、タイミング」です。

子どもは今を生きています。

「お母さん見て見て!」と子どもが言った時に、
「なあに?」と言って子どもを見ること。

「お母さん、聞いて!」と子どもが行った時に、
「なあに?」と言って子どもの話に耳を傾け、
「そうだったんだ!スゴイね~」や
「へぇ~!」と共感したりうなずいたりすること。

「お母さん、読んで!」と子どもが絵本を持ってきたときに、
「はいはい♪」と言って絵本を読むこと。

他にもあるかもしれません。

この繰り返しが、子どもの心を満たします☆

心が満たされた子は、
人にやさしくできますし、
共感する力やコミュニケーション能力があり、
チャレンジする勇気も持てますし、
自分のことを好きでいられます。

家事などのしないといけないことも、
もちろんあるかもしれません。

ただ、子どもの「今」を大切にすることで、
子どもの成長とともに、
家事などもすんなりとできる時間が増えるのではないでしょうか?

子どもが小さいと、
家事や育児に追われているような感覚が永遠に続くように感じるかもしれません。

でも、小学校4年生を過ぎると、
だんだん「見て見て!」や「聞いて聞いて!」や
「読んで読んで!」は減っていきます。

小学校4年生は10歳。

たった10年間です。

小さいときに、子どものタイミングに合わせて、
親が応えると、
親子の信頼関係は築かれるように感じます。

「仕事と子育ての両立」を経験すると、
時間の使い方が上手になりますので、
子どもの成長とともに、自由な時間も増えるかもしれません。

かかわる時間が短くても、
「一緒にいるときに、
子どものタイミングに合わせて親が応えていれば大丈夫!」
私はそう思います☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は、ほとんど庭にいました。

ブルーベリーの収穫、

仕事と家事の両立

レモングラスやレモンバーベナ―などのハーブの剪定、

仕事と家事の両立

草むしり、
新しく花も植えました。

実家の母が手伝いに来てくれて、
次女も一緒に手伝ってくれました。

私は8歳の時に父を亡くし、
母はずっと仕事をしていました。

それでも、困ったときは、
母なりに一生懸命に対応をしてくれました。

今思い出しても感謝の気持ちを感じています。

81歳の母には、いつまでも元気でいてほしいと思います♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽しい子育て実践会9月号の目次です☆

◆『まさか、子どもの学校で!!9歳の危機?!小学3年生、学級崩壊体験(男の子編)』
▼学級崩壊は突然?
▼次女のクラスで起きていたこと(男の子編)
▼9歳の危機とは?
▼家庭は子どもの充電場所!9歳の子どもの6つの特徴と接し方のヒント

◆楽しい子育てファミリー成長記録
『幼稚園の劇の発表会で園長先生に褒めていただきました(千葉県年長 女の子)』
◆~子育てママへお勧め情報~
簡単に免疫力アップのプチ足湯の方法!

9月25日までにお申込みの方は、
9月号にニュースレターからお届けいたします。

ご希望の方は、今すぐ下記をご覧くださいませ!
http://1papamama.com/nyukai.html

会員のお子様たちの成長記録も更新しました♪
http://1papamama.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。