子どもがかんしゃくを起こす気持ちを理解できた瞬間・・・。

8月から週2回英会話を習っています。

そこで、言葉の使い方と物の考え方について、改めて実感することがあります。

1点目は、主語を明確にすること
2点目は、目的を明確にすること
3点目は、語彙を増やすこと

日本語は、主語を明確にしなくても、文章の記載や会話が成り立つため、
話を聞く方が、主語を察する必要があります。

しかし、察した主語が違う場合、
話し手と受け手の解釈は正反対になることもあります。

すると、会話が成立しないこともあります。

次に、目的についてですが、
日本語は、最後まで読んだり聞いたりしないと、疑問形なのかどうかわかりません。

そして、疑問形であっても、聞いてほしいだけなのか、答えを求めているのかが分からない場合が多いのです。

答えを求めていない方に答えを言うと、おせっかいになり、
答えを求めている方に答えを伝えないと、不親切になる可能性があります。

最後に、語彙ですが、身近なものを英語で言えない場合、
言えないことでストレスを感じてしまいます。

例えば、「しいたけ」「うなぎ」「いもの煮っころがし」など・・・。

また、日本人なら当たり前に知っていることに対して、
英語で説明を求められると、さらに、ストレスメモリがアップしてしまいます。

例えば、「こいのぼり」「もち」「ひなまつり」など・・・。

このような場合、分かっているけど英語で言えない自分自身に対して、
マイナスポイントを積み重ねてしまいます。

すると、かんしゃくを起こしてしまいそうな気持になってしまいます(笑)

英会話に通い、かんしゃくを起こす子どもの気持ちを感じることができたのは、私にとって、大きな成果でした(笑)

また、「主語を明確にすること」や「目的を明確にすること」を意識せずに会話を行ったりメールや文章を記載してしまい、
思った結果が得られない方が少なくないように感じました。

主語と目的を明確にして、会話やメールと文章の作成を行うだけでも、
コミュニケーションスキルがグンとアップするように感じました。


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。