図書館

次女のほのかと一緒に福岡市西区の西図書館へ行きました。

西図書館は、とても広い子ども用のスペースがありましたが、

貸切状態でした♪

山口理加の楽しい子育てブログ-図書館子どもスペース

この図書館の良さは、紙芝居の量が多い事です。

しかも、1人10冊まで貸し出し可能です。

ほのかは、たくさんの紙芝居の中から、お気に入りを見つけ、

一緒に借りました。

山口理加の楽しい子育てブログ-紙芝居

図書館では、公共の場所で静かに過ごすこと、

絵本や紙芝居を借りることで、借りた物を大切に扱い、

きちんと返すことを、

体験を通して学ぶことができます。

赤ちゃん用の絵本は、文字や絵が少ないので、

買うともったいないと考え、図書館を利用する方が多いようですが、

私は、その反対だと考えています。

なぜなら、図書館で借りた絵本は、1~2週間で返却の必要があり、

子どもが破らないように注意しないといけないからです。

赤ちゃん用の絵本は、文字や絵が少ないので、

何回も繰り返し読めます。

だから、家庭に置いて、何回も何十回も何百回も読んであげていただきたいと思います。

また、絵本を思い切り触ることで、物が破れることを学びますので、

何冊か破られてしまう本がありますが、

それは、物を丁寧に扱うための体験を伴う学習なのです。

そのため、家庭にある程度の量の絵本が揃い、

絵本を丁寧に扱って集中して見ることができるようになってから、

図書館の利用をお勧めいたします。

ほのかは、すっかり、図書館を気に入ったようです。

私は、借りてきた2種類の紙芝居を、それぞれ10回以上読みました☆


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。