宮崎県 口蹄疫(こうていえき)の現実を・・・

ほとんどの情報は、インターネット上で手に入れることができる時代ですので、
新聞を読まないご家庭も増えていると思います。

しかし、詳細な内容や多角的に見たい場合には、
インターネットの情報だけでは不十分な場合もあります。

宮崎県の口蹄疫で、家畜を処分する問題については、
どうでしょうか?

「何万頭を処分した」というような数字は、
インターネットやテレビでも報道されていますが、
処分の方法については、5月24日の朝日新聞(朝刊)に詳しく記載されていました。

その方法は、想像を絶するほどの内容で、
獣医師やボランティアの方の心の苦しみも、
記載されていました。

私は、娘たちにその個所を読んで聞かせました。

私の家には、犬が1匹とネコが3匹います。

長女のあかりは、岩手県に山村留学へ行き、

牛の世話を行った体験もあります。

動物たちが処分される状況を読み、涙があふれてきました・・・。

東国原英夫の一番弟子のお笑い芸人、早川伸吾さんのブログにも、
同様の内容が記載されていました。

是非、ご覧くださいませ。

早川伸吾さんのブログ


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。