国際アンデルセン賞受賞、ホジェルメロ展へ行ってきました

海外の素晴らしい絵本の中には、
日本で翻訳出版されていない作品もあるようです。


2014年、小さなノーベル賞といわれる国際アンデルセン賞を受賞した、
ブラジルの絵本作家、ホジェル・メロの作品展が、
福岡県立美術館で行われていますので、
観に行きました。


ホジェル・メロ


100点を超す作品は、
カラフルな色使いでブラジル文化が描かれていました。


原画を見ながら物語をイメージする、
楽しい時間を過ごしました。


出版に至らなかった作品のダミーも展示してありました。

ホジェル・メロは、
今までに100冊近い本の絵を手がけ、
そのうち20冊には、自ら文章も書いているそうですが、
出版に至らない作品があることを知り、
元気をもらえました。

原語で書かれた絵本は絵本コーナーで自由に読むことができました。


言葉はわかりませんでしたが、
ページをめくるだけで物語の世界に浸れました。


フランスや韓国では翻訳出版されているそうですので、
日本でも翻訳出版をされる日が待ち遠しいです。

高校生以下は無料。
大人の入場料は300円で、
高校生以下も含め、
入場者全員にポストカードをいただけます。


ホジェル・メロ

↑    

頂いたポストカードです♪

ホジェル・メロ


5月17日までですので、
お時間のある方は、行ってみてはいかがでしょうか?




・無料レポート
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

・育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s.html




・ご感想&実践結果
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。