【楽しい子育て】親は完璧?

無意識に、「親は完璧でないといけない」と思っている人は多いようです。

あなたはいかがでしょうか?

「親は完璧でないといけない」と思っている人の場合、2つのパターンがあります。

「自分の親に対して不満を持っている」

「自分のできていない点を自分で責めてしまう」

どちらも、プラスの気持ちを持つことはできませんよね・・・。

人は完璧ではありません。

完璧とは、「傷のない玉」が本来の意味で、

欠点のない様子のことです。

人の行動や言葉は、長所に見ることもできますし、短所に見ることもできます。

例えば、

行動が早い場合・・・「てきぱきしている」と思う人もいれば「せっかち」と思う人もいます。

行動がゆっくりしている場合・・・「慎重」と思う人もいれば「ノロい」と思う人もいます。

そして、早い、遅いも、感覚でしかありません。

私自身、2人の子の親であり、

多くの人へ子育てのアドバイスをしている立場でお話をすると、

親も人間だから、気持ちに波もあるし、

わかっていてもできないこともあるし、

余裕のないときもあるし、

苦手なこともあるし、

頑張ってもできないこともあるし、

いけないと思っていてもやってしまうこともあるんです。

ただ、多くの親は、子どもへの愛情を持っています。

そして、子どもが欲しいと思っている愛情と、

親が表現している愛情は、違っているだけなのかもしれません。

子どもの立場で親を見るときは、

親にしてもらったことに焦点を当て、

「ありがとう」を伝えてみると、

気持ちや行動に変化が起きるかもしれませんね。

直接伝えられない場合は、

手紙を書いてみるのもお勧めです。

書いた手紙は相手に渡さなくても大丈夫、

ちゃんと相手に伝わるから・・・。

そして、親の立場でいるときは、

やれたことに焦点を当て、

自分を認めると、

気持ちや行動に変化が起きるかもしれませんね。

「ありがとう」と感謝をしたり、

できていることを認めると、

何となく素直さがアップして、

人として次に進めるように思います。

今日は、福岡市民会館で、

松平健主演の舞台『王様と私』を観てきました。

子育て絵本アドバイザー

<ロビーに飾ってあった等身大の松平建さんです>

「王様は強くないといけない」と思い、

たくさんのルールを持っていた頑固で孤独なシャムの王様が、

イギリス人の女性家庭教師との出会いによって、

心がどんどん柔軟に変化するという物語です。

子育て絵本アドバイザー

<ロビーに飾ってあったポスターです>

『王様と私』を観た後に、

子育て絵本アドバイザーとして、

これまでのご相談を思い出したことを紹介しました。



音譜子育ての無料レポートは、下記からご覧いただけます音譜

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


—–


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。