子育てと痛かった気持ち

先週の土曜日は、次女の保育所の遠足でした。
夫が休みを取れましたので、
家族4人で参加しました。

他の保育所も遠足に来ていました。

ふれあい動物コーナーで、
他の保育園の5歳くらいの男の子が、
カメに石をぶつけていました。

そこで、私は、「石を投げてはいけないよ」と男の子に言いました。

しばらくすると、その男の子は、柵を乗り越え、
カメをコンクリートに叩きつけました!

私は思わず「カメが痛いでしょう!止めなさい!」と叱りました。

周りの大人は何にもその子に言いませんでした。

「柵を乗り越えてはいけない」というルールを守る事や
「小さい命を大切にする事」などを学ぶための
動物園への遠足ではないでしょうか。

幸いカメは大丈夫でしたが、
私は、とても心が痛くなりました。

長女に「お母さんはちゃんと注意ができて偉かったね」と
誉めてもらったことで、何とか救われた気持ちになりました。


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。