【育児日記】NHK杯フィギュア【エキシビション】

先ほど、テレビでNHK杯フィギュアのエキシビションが放映されていました。

優勝を期待されながら、フリーの演技でミスが続き、4位に終わってしまい、

グランプリファイナルに進出できなかった、安藤美姫選手がエキシビションですべる姿を拝見しました。

昨日のフリーの演技の際よりも、表情は柔らかく、演技も良かったのですが、

安藤選手の気持ちを考えると、とても辛いだろうな・・・と感じました。

2003年からグランプリファイナルに出場し続け、昨シーズンは世界選手権で優勝をし、

今年のグランプリファイナルでは、メダル候補だったのに、

グランプリファイナルに出場できないなんて・・・。

私の長女は、スケートを1年半ほど習って、辞めました。

どのようなスポーツも、努力が必要だと思いますが、

特に、スケートは、親子で頑張る必要があるスポーツだと思います。

スケートリンクでないと練習ができないのですが、スケートリンクの数は、とても少ないのです。

私が住んでいる福岡市では、常設のリンクが1箇所、冬季シーズンのみ営業をしているリンクが1箇所です。

そのため、車で片道1時間近くかけ、リンクへ送り、練習後、また、自宅まで送っていく必要があります。

そして、将来性を考えても、決して明るくはないと思います。

私はネガティブな考えはしない方ですが、スケートを頑張っても、

スポットライトが当たる場所に出ることができる確率は、圧倒的に少ないように感じます。

そして、選手を引退後、プロに進んだとしても、指導者として進んだとしても、

間口が広いとは思えません。

スケート(特にフィギュアスケート)は、親の時間の制約や経済的な負担が大きい割には、

見返りが小さなスポーツだと言えるように感じます。

でも実は、私は、フィギュアスケートを観る事が大好きです♪

トリノオリンピックの女子のフィギュアスケートで金メダルを獲得した、

荒川静香選手も、オリンピックの前には、世界選手権で優勝後、スランプがあって、

引退を考えたこともあるそうです。

しかし、引退をせず、頑張ったお陰で、金メダリストになることができました。

私は、安藤美姫さんのステップが大好きです。

全日本では、素晴らしいスケーティングを披露して下さると信じています。

以前は、スポーツ観戦をする際には、選手の気持ちを考えていましたが、

最近は、選手の親の気持ちを考える事が多くなってきました。

今回のグランプリシリーズでは、

安藤美姫さんや浅田舞&真央さんや中野友加里さんや村主章枝さんなど、

出場選手の親御さんは、どのような気持ちで観戦をなさったかと考えると、

結果だけで評価できないような気持ちになりました。


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。