縦割り保育

次女のほのか(3歳)が通う、保育参観と保護者総会に参りました。

ほのかの通う保育園では、縦割り保育を行っています。

縦割り保育について、調べてみました。

色々な特徴があるようですが、

私は、下記が良い点だと感じました。

・3歳児は、上の年齢に追いつこうと頑張る事ができる。

・4歳児は、3歳児と5歳児の架け橋になることができる。

・5歳児は、一番上として頑張る事ができる上に、3歳児や4歳児に対して思いやりを持つことができる。

今の時代は、年齢が異なる子供同士で遊ぶ事が難しく、

きょうだいの人数も多くないので、縦割り保育の良さが見直されているようです。

子ども達の様子を拝見して、

5歳児さんは、みんなのお手本として、歌やごあいさつも、大きな声で行っていました。

それをみて、3・4歳児さんも頑張って歌やごあいさつをしていました。

保護者総会では、「縦割り保育が好きではない・・・」という保護者の意見がありました。

私としては、【親の好き嫌い】ではなく、

子どもにとって、「良い保育とは」に焦点を当てて、質問をして頂きたいと感じました。

縦割り保育も横の保育も、特長があります。

どちらが良いか悪いかではなく、

保育園の規模や方針に応じて、子ども達のために良い保育を行っていただければ、

それで良いのではないかな~と、私は感じました。

私個人としては、基本的には、縦割りで行動を行い、

必要な時だけ、横で保育を行ってくださっている、

今の保育園の方針が、好きです。


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。