縦割り保育その2

26日の保育参観では、次のような保育の内容を見学する事ができました。

1.子ども達の朝の体操の様子

2.室内での朝の歌

3.朝のごあいさつ

4.紙芝居を先生が読んで下さっている様子

5.俳句をみんなで暗唱する様子

6.室内自由遊びの様子

その後の保護者総会にて、縦割り保育が好きではないという、

ある保護者から、

「室内の自由遊びでは、同じ年の子ども達がかたまって遊んでいた。

もっと、縦割り保育の特徴がある遊びを見せて欲しい」

という、意見がでました。

私としては、

朝の体操や朝の歌の際に、年齢の高い子が一生懸命に頑張り、

その姿を見て、下の年齢の子が頑張っているように感じました。

また、紙芝居や俳句の暗唱の際にも、年齢の高い子が一生懸命に頑張り、

その姿を見て、下の年齢の子が頑張っていました。

特別な遊びを行うことが縦割り保育ではなく、

一緒の部屋で活動をすることで、

5歳児は、一番上の年齢だからと、意識をし頑張り、

それをみて、4歳児と3歳児が頑張ることで、

より良い成長ができるのではないかと感じました。

家庭の生活でも、特別な事を短期間行うのではなく、

当たり前のことを、習慣として行うことで、

良い結果がでます。

幼稚園や保育園では、早生まれの子は、

体格などの成長の差で、横割り教育の際には、不利になりやすいのですが、

縦割り保育では、早生まれであっても、

下の月齢の子が、同じグループにいますので、

不利に感じる事が少ないのも、良い点だと感じています。


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。