保育園の民営化その2

6月13日のブログ
に保育園の民営化について記載をしましたが、

プール開きの季節になり、発見することがありましたので、

お伝えをいたします。



福岡市の公立の保育園では、7月初旬にプール開きが行われ、

3歳以上児は、週2~3回、大型のプールに入れます。



そして、お盆前の8月10日頃、プールは終了いたします。



次女が通っている保育園は、公立から民営化をして3年目ですが、

民営化をした年から、プールは8月末まで入ることができ、

毎日プールに入れてくれます。


「夏は暑いから、プールに入ったほうが気持ち良いでしょう♪

水道代は、保育園で何とかします。

水道代よりも子ども達に気持ちよく過ごしてもらう方が大切」

と、園長先生はおっしゃってくださいます。


とてもありがたいです。





公立の保育園二箇所、私立の保育園二箇所を経験して感じることは、

公立の保育園は、市町村の方針をきちんと守り、

それ以上でもそれ以下でも無く、

私立の保育園は、経営者や園長の裁量が大きいということです。




経営者や園長が、子ども達のために良いと思う方針を実行し、

そのことを入園前や入園後にきちんと説明をしてくださり、

その方針が家庭の方針と同じ方向を向いているのでしたら、

私立の保育園は、とても良いと思います。




問題なのは、認可保育園であっても、

良心的な経営者や園長ばかりでは無いこと。


公立から民営化をする際に、引継ぎの保育園選びが、

不透明になってしまうこと。


この2点ではないかと思います。




特に、保育園の選択が少ない地域にお住まいの方や、

受け入れ人数が少ない0~1歳児をお持ちの親御さんは、

保育園を選ぶというよりも、預かってくれる保育園が少ないことの方が、

重要な問題だと思います。



少子化対策を真剣に国が行うのでしたら、

保育園の内容を充実させるために、

保育士の待遇を良くしてあげることも、考えていただきたいと思います。



そして、働くお母さんは、働いていることを言い訳にせずに、

働き方を考えたり、

家庭内でお子さんと過ごす時間に、密度を高くしていただきたいと思います。






育児・子育てに314倍成功する方法








<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。