「発達が遅れている」と言われた娘は・・・・

本日のメールマガジンでお伝えしました内容ですが、

ブログをご覧の皆様にもお伝えしたいと思います。

昨日発売されました、AERA(アエラ)’10.4.26号に、
「子どもの学力は何で決まるのか
早期教育効果は 小学生で消える」
という記事が掲載されていました。

記事の主な内容は次の通りです。

◆小学校入学前に読み書きを習得する子は多い。
 その風潮に警鐘(けいしょう)を鳴らす研究が報告されている。

◆本質的な学力を決めるのは親子関係だという。

◆お茶の水大学の内田伸子教授の調査では、
 子どもの学力格差は親の所得格差ではなく、
 親子のかかわり方が大きく影響していた。

 「読み・書き」能力だけをみれば、
 3歳では親の所得や教育投資額が
 多いほど高かった。

 しかし、その差は、子どもの年齢が上がるにつれて縮まり、
 小学校入学前に消滅した。

 文字などの早期教育の効果はわずか、数年しか続かないのだ。

◆漢字の学習では、早期教育を受けなかった子どもとの差は、
 小学2年生ごろに消滅した。

◆国語嫌いは、早期教育を受けた子どもに多かった。

◆早期教育の弊害として一番心配されるのは、
 子どものストレスだ。

◆幼児の語彙力については、親の所得や教育投資額が多いほど高かった。
 詳細な分析では、語彙の成績を左右するのは、親の養育態度であった。

◆幼児期には、五感を使って親子で体験を共有することが大切です。
 
◆親子のコミュニケーションや会話のやり取りを通じて、
 子ども自身が考えて判断し、親子の絆が深まっていく中で
 子どもの語彙力は豊かになる。

AERAの記事の主な内容は以上です。

いかがでしょうか?

では、「五感を使って親子で体験を共有する」や
「コミュニケーションや会話のやり取り」とは、
具体的に、どのようなことなのでしょうか?

このような記事を読むと、いつも感じるのは、
「では、どうしたら良いかについて、具体的に教えてくれない」
ということなのです。

私は、2人の娘の育児と、
前作のテキストの1000名以上のご感想と実践結果、
楽しい子育て実践会の300名以上の会員への
メールや電話でのアドバイスの結果から、
乳幼児期の家庭環境作りや親の接し方を、
新しいテキストで、わかりやすくお伝えしています。

30日まで、ご予約価格にてお申し込みを受け付けています。

http://tanoshiikosodate.com/tensaiji9s.html

お申込みいただいた方から、
たくさんのメッセージをいただいていますので、
その中の一通を紹介させていただきます。

>3歳半児検診で発達が遅れていると言われた娘は、3歳11カ月でテキストに出会い、
>今年6月で6歳になります。

>4歳発達検査でIQ98に上がり、5歳の発達検査ではIQ125まであがりました。

>就学まで1年弱ですが、新しいテキストの目次を見て読みたくなりました。

>同じ幼稚園に通ってるお友達も発達が気になる方がいて、
>このテキストのお話をしたところ、
>山口さんからのメールを読んですぐ購入されたそうです。

>私も気持を新たにして実践したいと思います。

(岡山県 I.K様)

I.K様、ありがとうございます♪

知能指数は、100が基準です。

そして、IQ125以上は、全体の6.6%です。
素晴らしい発達をなさいましたね~☆

それは、I.Kさんの努力の成果だと思います。
本当に素晴らしいですね!

実は、最近、発達の遅れを指摘された方からのご相談が、
非常に多くなっています。

赤ちゃんが生まれると1か月検診からはじまって、
公的な定期健診があります。

発達の遅れを指摘されても、どうしたら良いか、具体的に教えてくれないようです・・・。

でも、早くに対応することで、
I.Kさんのお子さんのような成果を手にすることができると思います。

子どもはみんな天才です。

天才というのは、
「天から才能をプレゼントされている」
という意味だと、私は思っています。

そして、家庭環境を整えることで、
親子で楽しく過ごしながら、人生の基礎づくりができることを実感しています。

4月30日まで、
ご予約価格にてお申し込みを受け付けています。

http://tanoshiikosodate.com/tensaiji9s.html


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。