文武両道!戸山高校 田上創選手

今年、 沖縄で開かれた全国高校総体(インターハイ)の柔道の選手が、
準優勝だったのにもかかわらず、注目を浴びました。

それは、柔道男子100キロ超級で準優勝した田上創さん(東京・戸山3年)です。

上位は常連校の柔道の世界で、
選手が1名だけの公立の進学校の選手だったからです。

以下に、インターネットや新聞などのコメントをまとめてみました☆
小学校5年生から柔道を始め、
中高一貫の中高一貫の強豪校に入り、柔道漬けの日々になったが、
「ほかにもやりたいことがあったので」
「拘束されるのはあまり得意じゃないんです」と公立に転校した。

公立中では野球部に所属しながら柔道の大会にも出て、
3年の時の全国大会では準優勝を果たした。

進学塾に通うために、柔道の練習は週2回ほど。

他の部員がいないために、近くの大学の道場で力をつけた。

スピードと技のキレを磨くために陸上部にも在籍。
砲丸投げでは砲丸投げでは関東大会11位。
 

高校総体があっても、勉強はおろそかにできない。
沖縄出発前日まで学校で補習を受け、
沖縄入りしてからはセンター試験の過去問題集に取り組んだ。

 学校での成績は30位以内という。

「これからは勉強だけ。東大は厳しいですけど、入りたいですね。
大学では、ちゃんと柔道をしようと思います。まだ、日本一になっていないので」

と、準優勝のインタビューに答えています。

好きなことを選び集中して実践し、結果を出すというのは、
このようなことなのかもしれませんね!

このような記事を読んだ際に、
「すごいね~!」と感心するだけではなく、
「この方の親は、彼が子どもの頃、どのように育てたのかしら?」
とご自身に質問して、想像してみると楽しいかもしれないと感じました☆


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。