「超一流の二流の親を目指しませんか?」

子育てをしていると、悩むこともありますし問題に感じることもありますよね・・・。


でも、それは悩むべきことなのでしょうか?


楽しい子育て実践会の会員の方から、
メールや電話で毎日のように子育てに関する相談が私へ届きます。


「AとBのどちらが良いですか?」
「●●をしてはダメですか?」

のように、正解を求める相談。


「先生や親せきから、『子どもは××だと言われました』」
という悩み。


多くの相談に共通することがあります。

それは、どのような事だと思いますか?


他人の価値観や他人の常識を基準にしている事。

誰かが作った正解を求めている事。

他人の評価を気にしている事。

などです。


しかも、その多くは【思い込み】ということが多いのです。


私がやっているのは、
「相談者自身の鏡になること」
「思い込みの解放」です。


そうすると、「その人が心の奥底で望んでいたことで良かった!」
ということが多いのです。


子育ての意識が高い親こそ、
育児書をたくさん読んだり情報を集めたりしています。


そして、頭がいっぱいになって、どれを選んでよいか迷っています。

「灘校から東大へ子どもを合格させた親」
「ギフテッドに選ばれた親」
など、
このような子どもを育てた親の本には、子育ての参考になることがたくさん書かれています。


でも、実践できない人が多いのです。


それは、この本を書いた人は、
ご主人が東大卒の弁護士で母親自身も高校教師だったり、
母親自身が弁護士で北米の教育制度にも詳しかったりして、
すでに一流の教育者だからかもしれません。


読んだことに満足して行動できなかったり、
「著者と私はは違うのよね」と思ったり
「ここまでやらないといけないの!?」と批判したりしているのです。


でも、乳幼児期の家庭環境は、子どもの人生の土台となり、
大きな影響をもたらします。


だから、私たち親は、自分の人生を生きることが重要です。


そのために大切なのは、

・親自身が自己重要感を持つこと
・自分の価値観で生きること
・「言葉」と「お金」をコントロールすること
なのではないでしょうか。


・一流の人の真似をするのではなく、
現在地を認めて戦略を立てるとあなたの成功法則ができる

・二流として超一流になればいい

・シンプルに考えればいい


そのことを教えてくれるのは、
長倉顕太さんの本
『超一流の二流を目指せ!』です。


長倉さんは、10年間で手がけた書籍は1000万部以上の編集者です。


『自分で奇跡を起こす方法』の井上裕之さんの本も手がけていらっしゃいます。


『いのちのまつり 「ヌチヌグスージ』の絵本を編集した鈴木七沖さんは、
『超一流の二流を目指せ!』の編集者なんです。


超一流の二流を目指せ!


命はつながっている。

人もつながっていますよね。


「『超一流の二流を目指せ!』は本屋さんで買って欲しい」
と長倉さんは願っていますので、
できれば本屋さんで購入してくださいね。





——————————-

・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ