初めて生ダコを茹でました♪

塩ワカメを戻しすぎてしまいました。

キュウリが冷蔵庫の中にあったので、キュウリとわかめとタコの酢の物を作りたいと思い、タコを買いに行きました。

スーパーのタコは赤くて、パックの裏を見ると、たくさんの添加物の表示がありましたので、パスしました。

魚屋さんをのぞいてみると、茹でたタコの足と生のタコが売られていました。

茹でたタコの足は、1本400円。

生のタコは1杯300円。

中学1年生の次女はタコが好きなので、「足1本じゃ足りない・・・」と思いました。

生のタコを調理したことはありませんでしたので、魚屋のお兄さんに、茹で方を聞きました。

「大量の塩で丁寧に揉んで、水洗いをした後で、塩を入れた熱湯でゆでたらいいよ!」と教えてくれました。

帰宅して、タコの入ったビニールを開けると、タコは2杯入っていました!!!

「タコ 茹で方」で検索すると、下記のサイトに出会いました。

<蛸(たこ)のゆで方 | 伯方の塩® | 伯方塩業株式会社>

ポイントは、これでもかと言う位、よく塩もみをすることで食べた時に柔らかい歯ごたえになります。生のたこは出来るだけ鮮度の良い、生きている位のものを選ぶのがコツです。

ということで、写真付きのわかりやすいサイトを見ながら、大量の塩で15分ほど揉み、洗った後、塩を入れた熱湯でゆでました。

初めてにしては、とてもきれいに茹でることができました。

キュウリとわかめとタコの酢の物を作りました。

長女は、キュウリは大好物ですが、タコを食べられないので、キュウリとワカメのみ。

次女は、タコは大好物ですが、キュウリを食べられないので、タコとワカメのみ。

主人と私は、タコもキュウリもワカメも大好きなので、全部盛り付けました。

夏至から数えて11日目頃の「半夏至(半夏生=はんげしょう)」にたこを食べるのは夏バテ防止になるそうです。

2017年の半夏生は7月2日です。

今年の夏も熱くなりそうですので、タコを食べると夏バテ防止になるかもしれませんね♪

----------
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

絵本を紹介する無料メールマガジンを発行しています
■育児に成功する「楽しい子育て絵本講座」
http://www.mag2.com/m/0000135154.html

----------


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。