感性豊かな子どもに育てる方法

人とコミュニケーションをしたり、
仕事をしたり、
困難を解決したりするとき、
感性が豊かであればスムーズであることが多いように思いませんか?


感性とは、物事に触れてある気持ちを持つ能力のことです。

感性が豊かな子どもに育てるために、
私達親は何をしたらよいと思いますか?

旅行へ行ったり体験学習をさせたりなど、
非日常を行う親御さんは多いかもしれません。


それも一つの方法です。


ただ、非日常よりも、日常の方が過ごす時間は多いので、
子どもに与える影響は大きいのではないでしょうか。


だから、日常の出来事で、快く感じたことを、親自身が言葉にすることが必要です。


例えば、

・いつもの献立てあっでも、食事の時に、美味しいと感じたら「美味しい♪」と言葉にする。


・公園や誰かの家の庭に咲いている花を美しいと感じたら、「きれいね!」と言葉にする。


・掃除をして部屋がスッキリしたら、「スッキリしたね☆」と言葉にする。


他にもあるかもしれません。


このように、日常の出来事の中にある快く感じたことを親が言葉にすると、
子どもはそれに意識が向きますので、親子で感性が豊かになっていきます。


簡単ですが効果の高い方法です。


お子さんがお腹の中にいたとしても、
まだ赤ちゃんであっても、
もう大きくなっていても、
大丈夫です♪


よろしければお試しくださいね!


今日はとても美しい夕日を見ました。

自動車の中にいましたので、
思わず、写真を写しました。


感性豊かな子どもに育てる方法

蒸し暑い日が続いていますが、
朝日も夕日もお昼間の雲もとても美しく、空を見上げるのが楽しい季節だと感じています☆


——————————–

・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


・育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s.html


・ご感想&実践結果
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。