「自己肯定感のある子」に育てる、たった1つの方法

子育てのアドバイスをしていて感じるのは、
ほとんどの親は、「子どもには幸せな人生を送って欲しい」と思っていることです。


それは、素晴らしい願いだと思います。


そのために大切なのは、何でしょうか?


頭の良さ?
財力?
コミュニケーション能力?


たしかに、このような能力は必要です。


幸せな人生に一番必要なのは、
「自己肯定感」ではないでしょうか。


「自己肯定感」とは、「自分を認めること」です。


「自分を肯定すること」です。


だから、自己肯定感は、高い・低いではなく、
「ある」か「ない」かです。


「自己肯定感」の反対語は「自己否定感」。


自分のお子さんには、「自己肯定感のある子」に育って欲しいと思いませんか?


「自己肯定感のある子」に育てる、たった1つの方法を紹介します。


自己肯定感のある子に育てる


それは、「肯定形」を使って話すことです。


多くの親は子どもに対して「否定形」で話をしています。


だから、「自己否定感のある子」になってしまいます。


「肯定形」で話すことで、「自己肯定感のある子」に育ちます。


それでは、「否定形」と「肯定形」の会話の例を、いくつか紹介します。


「否定形」は(否)、「肯定形」は(肯)と書きますね。


1.公共施設などで、子どもが走っている時


(否)「走らないの!」

子どもは走るうえに、「自己否定感」が増えます。


(肯)「歩こうね」「手をつないでゆっくり歩こうね」など・・。

子どもは歩きますし、「自己肯定感」が増えます。



2.病院の待合室で、子どもが大きな声を出したとき


(否)「しゃべらない!」

子どもはしゃべるうえに、「自己否定感」が増えます。


(肯)「お口にチャックをしようね」「静かにしようね」「このくらいの声で話そうね」など・・。
子どもは静かにしますし、「自己肯定感」が増えます。



3.子どもが物を投げた時


(否)「投げない!」

子どもは物を投げるうえに、「自己否定感」が増えます。


(肯)「そ~っと触ろうね」「こうやって遊ぼうね」など・・・。

子どもは丁寧に触りますし、「自己肯定感」が増えます。

このように、子どもの行動は1つでも、親の言葉にはいくつもあります。


その言葉の積み重ねによって、
「自己否定感のある子」と「自己肯定感のある子」に別れるのでしたら、
「自己肯定感のある子」に育って欲しいと思いませんか?


そう思うのでしたら、
「肯定形」の言葉でやって欲しいことを明確に伝えましょう。


そして、「肯定形」を使っていると、聞いている人はもちろん、
話している人も「自己肯定感のある人」になります。


よろしければ、やってみてくださいね!

―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html
 



<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。