お赤飯とケーキ、「早い」「遅い」よりも重要なこと

次女が、一歩大人になりました。


私はお赤飯を炊き、
主人はケーキを買ってきてくれました。


家族でお祝いをしました。


小学校の行事の自然教室が終わり、
水泳大会も終わった日に始まりました。


なんてベストなタイミングでしょう♪


小学5年生で始まるのは、早い方かもしれません。


でも、「早い」「遅い」は問題ではないと思っています。


赤ちゃんを産める準備ができたことを嬉しく思えたり、
女性であることに誇りを感じたりしてほしい
と私は願っています。


性教育は大切ですが、
このような形でのお祝いは、
娘の心のアルバムに、
嬉しいことの一つとして残ってくれれば…と思いました。


お赤飯もケーキも大好きな次女は、喜んで食べてくれました☆


お赤飯


お赤飯の写真はきれいに取れませんでしたので、
冷凍保存している写真です。
イメージが伝わればと思い、掲載しました(笑)



―――――――
・無料レポート
『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html
 


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。