【子育て悩み】「しないといけないことが多い・・・」

【ちょっと言葉を変えるだけで気分はグンとアップします↑】



「【しないといけないこと】がたくさんあって時間が【ありません】」

「子どものことを【しないといけない】ので自分のことを【できません】」



のように、


「【しないといけないこと】があるので【できないこと】がある」

という、子育て中のお母さんは多いようです。



例えば、

【しないといけないこと】は、

「子どものお稽古の送迎」

「子どもの宿題を見ること」

「掃除」

「洗濯」

「料理」

「後片付け」

など・・・。



そして、

【できないこと】は、

「どこかへでかける」

「ゆっくりする」

のような、やりたいことをやること・・・。



あなたはいかがでしょうか?


【しないといけないこと】というのは、【あなたが望んでやっていること】なのではないでしょうか。



こんな風に伝えると、

「子どもがやりたいと言ったから・・・」や「私がしないと誰がするんですか?」と言う人もいるかもしれません。



でも、「子どものお稽古の送迎を自分でしない」という選択をしたとしても方法は色々あると思います。


「子どもが自分で通える年齢になるまで待つ」

「子どもが自分で通えるお教室を選ぶ」

「誰かにお願いをする」

「タクシーを利用する」など。



ただ、多くの場合、「自分で送迎をすると安心」「そのお教室に通わせたい」「そのお稽古をやって欲しい」など、【親自身の希望】や【親にとって良いこと】があるからやっているんですよね♪


そして、それは、【できない】と思っている「でかけること」や「ゆっくりすること」よりも、【優先順位が高い】ということなんですよね。



もし、そうでしたら、

【しないといけない】を【したい】という言葉に変えてみてはいかがでしょうか。



そうすると、気分がアップして↑行動がスムーズになります。


私は一昨年までの5年間、家事代行をお願いし、掃除と洗濯をやってもらっていました。



しかし、子どものお洋服の管理や片付けのことを考え、
お願いをしていた人が引退をするタイミングの時に、
自分でやることを選択しました。


私は、「掃除をしたい」「洗濯をしたい」「料理をしたい」と思ってやっています。



もちろん、「ゆっくりしたい」と思った時は、そちらを優先しています。


「掃除」や「洗濯」や「料理」などは、それ自体をしたいと思っていなくても、「それをすることによってイイことがある」から「したい」と思うのでしたら、その「イイこと」をイメージして行動するのもお勧めです。



【しないといけない】という言葉を使うと気分がダウン↓します。


だから、【したい】という言葉を使うことをお勧めします。



よろしければ、お試しくださいね♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


明日のハロウィンは、次女のお友達を車に乗せて、各家庭を回ります。

子育て悩み


これも、「したいからします」。


お菓子の用意も楽しみたいと思います☆


【子育てを楽しくしたい方は下記をご覧くださいませ】
「子育ての無料レポート」
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html




<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。