10代で凶悪犯罪を起こした92名の共通点

事件が起きると原因を探そうとする人は少なくないようです。

そして、そのような人の多くは、「原因は1つ」と思っているように感じます。

1つの原因が事件を引き起こすのは稀なことなのではないでしょうか。

いくつもの原因が重なり、
「何かがきっかけ」となって、
事件は起こることが多いのではないでしょうか。

事件直前の加害者の環境や言動などは報道されますが、
それ以外については報道されません。

殺人事件をはじめとする人を傷つける罪を
「10代で起こした」というニュースを見るたびに、
「その子達の共通点はどのようなことかしら?」
と私は疑問に感じていました。

2人の子どもを子育てしている母親の立場と
子育て絵本アドバイザーとして、
子育てに関するアドバイスをしている立場の
両方の立場として、
知りたいと思っていました。

そのため、私は、何年も前から、
インターネットで検索したり、
子育てや犯罪に関する書籍を大量に読んだり、
医療関係者の話を聞いたりなど、
できる限りのことをしてきましたが、
的確な答えは見つかりませんでした。

しかし、2009年、今から5年前、
自動自立支援施設を訪問し、
思春期について研究をしている方に話を伺うことができました。

そして、共通点を見つけました。

10代の人が凶悪犯罪を起こすと、
刑務所ではなく、
児童自立支援施設に入所するそうです。

児童自立支援施設に入所している92名の子どもに、
生活環境や生い立ちなどを尋ねると、
顕著な共通点が4つあったのです。

私達親は、この4つの共通点を知り、
避けたり上手に付き合ったりすることで、
子どもを加害者にしないことができるように思います。

この4つの共通点は、
「躾が厳しいか?そうでないか?」は関係ありません。

「近所付き合い」は関係ありません。

「両親の不仲」なども関係ありません。

また、この4つの全てを満たしていると、
必ず凶悪犯罪を起こすのではありません。

凶悪犯罪を起こした人が、
この4つを満たしていたのです。

この4つについて、
ココで紹介したいのですが、
報道をされないというのは、
それなりの理由があります。

しかも、わかっている人から見ると目新しいことではないかもしれません。

そして、発言の一部を切り取って批判することが多い時代ですので、
そうすることもされることも避けたいと思います。

だから、
「育児・子育てに314倍成功する方法」(健康編)に、
『10代で凶悪犯罪を起こした92名の共通点』を、
わかりやすくどのようなことかについて詳しく紹介しています。

ご興味のある方は、よろしければ、ご覧くださいませ。

http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/314kenko.html


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ