夫に家事を手伝ってもらう方法

年末年始はやることが一杯で、
普段よりも忙しい・・・
という人も多いのではないでしょうか?

そんな時、
夫が家事を進んでやってくれたら、
とっても幸せだと思いませんか?

私の主人は、毎日家事をやってくれます。

夕食後の片付け、
洗濯物たたみ、
子どものお稽古のお迎えなど。

そのためには、いくつかのポイントがあります。

そのポイントの中で、
多くの人に紹介をして、
特に効果の高かった方法を3つ紹介します。

1.具体的にお願いをする

「言わなくてもやって欲しい」と
超能力者のような能力を求めている女性が多いようです。

でも、男性は「何をしたらよいかわからない」という場合が多いようです。

だから、
「テーブルを拭いてね」や
「お茶碗を洗ってね」のように、
具体的に伝えることが重要です。

2.やってくれたら喜びを表現する

「私も家事と育児で疲れているんだから・・・」
と思う気持ちはわかります。

ただ、やってくれた時は、すぐに喜びを表現すると、
男性は嬉しいようです。

「ありがとう!」
「嬉しい」
「助かったわ~」
等の言葉に笑顔を添えて伝えましょう。

万一、洗い方が悪かったりたたみ方が違っているなど、
自分が思っているようにやってくれなかったとしても、
「やってくれたこと」に喜びを表現しましょう。

3.改善点の伝え方に一工夫

「自分と同じやり方で自分と同じように家事をやって欲しい」
と思っていたとしても、
最初から上手にはできません。

お茶碗などの洗い方が悪かったり、
スポンジに洗剤が残っていたり、
濡れた布巾がそのままだったり、
洗濯物の干し方やたたみ方が違っていたり、
他にもあるかもしれません。

そのような場合、スグに改善点を指摘すると、
二度と手伝ってくれないこともありますし、
夫婦喧嘩に発展することもあります。

改善点の伝え方にはちょっと工夫が必要です。

どんな風に伝えると良いのでしょうか?

まず、
「ありがとう!」
「嬉しい」
「助かったわ~」
等の言葉に笑顔を添えて伝えます。

そして、
「【次は】こうしてね♪」
と優しく言います。

例えば、
「【次は】この部分をしっかり洗ってね」
「【次は】洗剤が無くなるまでスポンジを洗ってね」
「【次は】濡れた布巾はココに干してね」
など。

改善点を伝えるポイントは、
1回手伝ってくれた時に、
最高1つの改善点を伝えることです。

そして、次の機会に改善していたら、
「お願いしていたことをやってくれてありがとう!」
と喜びを表現しましょう。

これを繰り返すことで、
気分良く家事を手伝ってくれる上に、
夫の家事力がアップします。

私は、この方法をやり始めて、約10年です。

今でも毎回、笑顔を添えて感謝の言葉を伝えるように心がけています♪

今日は大掃除をしました。

主人も1日中大掃除に協力してくれました。

庭のマリーゴールドがきれいに咲いていました♪

夫に家事を手伝ってもらう方法

大掃除に協力してくれる方法は明日紹介します☆

ラブラブ無料レポートラブラブ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


<スマホの方にオススメ>
最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ

▼更新されるとメールでお知らせ♪
ブログが更新されるとメールでお知らせします。
確認メールが送信されますので、中のリンクをクリックしてください。

※クリックされないと配信されませんのでご注意ください。
※携帯メールアドレスはドメイン解除設定をしていないと届かないのでご注意ください。