「夫に大掃除を手伝ってもらう方法」

お正月を迎える前に家の中をきれいにしておきたいですよね。

その時に、ご主人が大掃除を手伝ってくれたら、
どんなに助かることでしょう♪

大掃除を快く手伝ってくれるコツは、
大きく分けると3つあります。

ひとつめは、
どこを掃除するかを明確にすることです。

女性の場合、掃除する場所を何となく思い描いています。

でも、男性の場合、掃除をする場所が明確なことが大切です。

1つの場所を終えて、
「終わったよ!」と言ったら次の場所を妻から言われ、
次の場所をやっと終わらせて、
「終わったよ!」と言ったら次の場所を妻から言われ・・・
を繰り返すと、やる気を失ってしまいます。

そのため、掃除をする場所の一覧を紙に書いて、
夫婦で共有
しておくことが必要です。

例えば、

・靴箱
(靴を出して、棚を拭き、棚が乾いた後に靴をしまう)

・玄関の内側
(ほうきで掃き、雑巾で拭く)

・玄関の外側
(ほうきで掃く)

・庭
(草むしり)

・トイレ
(掃除の仕方の説明書を読んで掃除)
※写真は温水洗浄便座についていた掃除のための小冊子です

夫に大掃除を手伝ってもらう方法

・お風呂

・窓ふき
(キッチン・リビング・和室)

・ベランダ
(ほうきで掃き、水を流す)

など・・・。

明確にしておくと全体像がわかりますので、
安心して掃除に取り組め
ます。

そして、順番と担当を決め、
掃除が終わったら、斜線で消していきます。

こうすると、達成感を得ることができます。

ふたつめに、やり方を明確にしておくことです。

道具、洗剤、手順を明確にしておくと、
任された人はスムーズに掃除をできますし、
任せた人が思った通りにできる可能性が高くなるからです。

私の場合は、
古くなったシャツやタオルを適当な大きさに切っておき、
使ったら捨てるようにしています。

やり方は、
私が参考にしている本を置いておき、
読みながら掃除をできるようにしています。

※写真は、私が愛用している
掃除の本『重曹生活のススメ』です。

何年も愛用しているのでボロボロですが(笑)

夫に大掃除を手伝ってもらう方法

みっつめは、
とにかく喜ぶことです。

「こんなに高いところもきれいにできるなんてスゴイ!」
「やっぱり、力があるからピカピカに磨けてるね!」
「助かる~」
「ありがとう♪」
「2人でやると早く終わるね~」
など、思いつく言葉を笑顔を添えて伝えましょう♪

このように、
「掃除をする場所を明確にして全体像が見えるようにする」
「道具とやり方を明確にする」
「喜ぶ」
を行うことで、大掃除も快く手伝ってくれます。

よろしければ、お試しくださいね!

夫婦の仲が良いのは、子育てのためになる環境の一つだと思います。

家もきれいになって、
夫婦仲が良くなって、
新年を迎えられたら最高だと思いませんか?

ラブラブ無料レポートラブラブ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html



最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ