クレヨンしんちゃんオラの引っ越し物語サボテン大逆襲を観てきました

初めてクレヨンしんちゃんの映画を観ました。


クレヨンしんちゃん


「子どもばかりなのかしら?」と思っていましたが、
カップルやお一人様など大人の鑑賞者も結構いました。


テレビアニメも人気で、
毎年のように映画が上映されている理由がよく分かりました。


子ども視点と大人視点の両方で描かれているからです。


子ども同士の会話は子ども視点で。


海外転勤の時の夫婦の会話、
問題を解決する時の個性あふれる大人の会話は、
大人視点で。


そして、子どもも大人も、人間の弱い部分が描かれています。


「そんな人、いるいる!」や
「その気持ちわかる!」と共感できる点が多いのです。


転勤までの前半では、気付くと涙が流れていました・・・。


鑑賞している子ども達も大笑いをしている場面があって、
涙と笑いとハラハラドキドキがあって、
大人も楽しめる映画だと感じました。


たまには、アニメ映画の鑑賞も良いなと思える作品でした。


・無料レポート
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html
 

・育児書「天才児を楽しく育てる9つの習慣」
http://tanoshiikosodate.com/teachingmaterials/tensaiji9s.html

・ご感想&実践結果
http://tanoshiikosodate.com/kanso/


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ