高校受験の親のストレス解消法!

長女の高校受験まであと5日。


私にとって子どもの受験は初めてです。


私自身、こんなに緊張が体に影響を及ぼすとは思っていませんでした。


しかし・・・、
2週間ほど前から頭がスッキリせず、
体がだるくて眠い日が続きました。


「暦の土用から節分前までは体調不調になる人が多い」
と知ってましたので、そのせいかな・・・。
なんて思っていました。

お願いをしている整体の先生と話をしましたところ、
「何かストレスはありますか?」と聞かれ、
「長女の受験かしら・・」と話した瞬間、
やっぱり!と気づきました。

「長女はこんなに頑張っているのだから、
黙って見守ろう」
と心に決めていましたが、
「勉強しなくていいの?」
という言葉を何度も飲み込んでいる私
に気付きました。

そして、
「私立がダメだったら、
後期でランクを落とした学校を受験しないといけないかも」
と不安を感じていることに気付きました。

そのことを整体の先生へ話すと、
「僕は15歳の時にドイツに留学しました。
ドイツ語が全く分からない15歳の僕が入学できた学校は1校だけでした。
それから15年間ドイツにいました。
そして、翻訳の仕事をして、
60歳になるときに、翻訳の仕事を辞めようと思い、
ずっと学んでいた整体の仕事をしています。

僕は、学校が自分を選んでくれると思います」
とおっしゃいました。


65歳でいろいろな体験をしてこられた人の話は、
重みと説得力があります。


子どもに対してイライラした時、
子どもを怒ったとしても何も解決しません。


「怒る」と「叱る」の違いを話す人がいますが、
イライラをぶつけるのでしたら、
どちらも同じことですよね。


怒っても叱っても解決せず、
相手と自分を傷つけるだけ
ではないでしょうか。

なぜなら、
親は自分への不安や恐れを感じているだけだからです。


だから、何に対して不安や恐れを感じているかを、
自分の中に探すことが大切
です。

「不安」は漠然としていることが理由なので、
明確にすると解消します。

「恐れ」はそれが起きる確率を明確にすると、
「ほとんど起きない」とわかり解消します。

長女の高校受験に関して、
「勉強しなくていいの?」
という言葉を何度も飲み込んだけれども、
娘に言わなくて良かった~~
と心から思いました。

不安や恐れを感じていたのは私自身、
そして、自分の中を見つめたことで、
自分自身で解決することができました。

長女の高校受験に関しては、
ご縁が無ければ後期で別の学校を受験し、
ご縁があれば行きたい公立へチャレンジできる。

今は、そう思えます。

夜、我が家の長男が、
長女の勉強を癒しながら応援してくれていました。




子育ての悩み解決

私も長男を見習おうと思いました♪


ドキドキ 無料レポートドキドキ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。
http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html

—–


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ