90歳!世界最高齢の小学生から学んだこと

ギネスブックで世界最高齢小学生と認定された、

ケニア人男性のキマニ・マルゲさんが、

先週、卒業まで2年を残して亡くなったそうです。

90歳でした。

彼は、小さい頃に家が貧しく学校に行けなかったため、

スワヒリ語の読み書きも数えかたも知らなかったのですが、

84歳の時に、政府が小学校教育を無料化したことを知り

入学を希望したそうです。

しかし、制服をそろえることができずにすぐに入学できなかったため、

アルバイトをして買ったそうです。

入学の目的は、「聖書を読みたい。お金の計算もできるようになりたい。」

だったそうです。

小学校入学後は、一番に登校し、児童会長も務めたそうです。

昨年は、「聖書を読めるようになった。大学を出て獣医になりたい」

と、取材に答えていたそうです。

彼の「家が貧しい」というのは、日本での「経済的な余裕がない」とは、

天と地ほどの違いがあるのではないかと感じます。

私は、数年前にインドに行ったことがあります。

インドの郊外では、小学校低学年くらいの年齢の子どもが、

物売りや物乞いをしていました。

ガイドさんの話では、「インドでは、義務教育を受けている人は68%くらい」だそうです。

「景気が良くない」「お給料が減った」のような報道が日本では行われていますが、

世界的にみると、日本は恵まれた国だと感じます。

経済状況や年齢や家庭環境など、足りない部分に目を向けて不平や不満を言うと、

状況が改善しないだけではなく、さらにマイナスを引き寄せてしまいます。

だから、今、自分が持っている物に感謝し、

何ができるかを考え、そのことを実行するように心がけたいと思います。

私も、キマニ・マルゲさんのように、

目標を持ち続け、学び続けたいと思いました。


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ