「冬至の七種(ななくさ)」

「冬至の七種(ななくさ)」

・南瓜(なんきん)=かぼちゃ
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うんどん)=うどん

「冬至の七種」は
「ん」が2つついているので、運が2倍良くなるそうです。

そして、ゆず湯に入ると「融通が利く」ようになるということです。

子育ての悩み解決

なんだか、ダジャレのようになっていますが、
風邪予防になり体が温まる昔からの知恵かもしれませんね♪

私の家では、今晩、人参を入れた筑前煮を食べ、
お風呂にゆずを入れました♪

冬至はどうして1年で一番日照時間が短いのかを、

夕食の時に中学3年生の娘が説明をしてくれました。

心があたたくなる冬至を過ごすことができました☆

ラブラブ無料レポートラブラブ

『3歳までの子育てが大切なのは、なぜ?』
~妊娠中から3歳までのお母さんに知って欲しい、赤ちゃんの特徴~

あなたが、妊娠中から3歳までのお子さんをお持ちでしたら、
是非、ご覧くださいませ。

HPの変更が間に合っていませんが、
下記よりお申込みいただけます。

http://tanoshiikosodate.com/muryorepo.html


最新の更新を
▼プッシュ通知でお知らせ